指導の本質は変わらない

対面授業でもオンライン授業でも機械を用いた学習でも、指導の本質はこれだ。

【教材の内容の良し悪しよりも、先生が生徒の教材の取り組みの実行をしつこくフォローするかどうかの方が結果に大きな影響がある】

『V字回復の経営』(三枝匡・著、日本経済新聞出版社)という、教育とは全く関係のない企業再生の実録だが、実は指導の本質がここにある。

大切なことなので、過去記事を参照してもらいたい。

鉛筆よりもiPadの方がテンションが上がるなど、使用する道具により一時的なモチベーションの多寡は出るかもしれないが、本質はこれらに集約される。

問題は、オンライン授業でも機械を用いた学習でも、対面授業と同じクオリティでこれらの落とし込みが実現できるかどうかだ。

当塾についての詳細な情報はこちらをご覧ください。
個別専門塾 KJ LAB 入塾案内

この記事を書いた人