マスク生活は苦しくない?

高校生の某君が一年中マスクをしていることがあった。

これはコロナ以前、2019年よりも前の話である。
当時、塾生における高校生のマスク着用率が高いことに気付いた。当塾だけの現象かと思って高校訪問の際に授業見学をすると、クラスのほぼ全員がマスクを着用している学校があった。

真夏なのに息苦しくないのか?と思ったが、マスク着用が恐らくトレンドだったのだろう。これは千葉県で見られた現象で、大阪でも同様であったかどうかは分からない。

千葉では特に共学の高校で、男女に関わらずマスク着用率は高かったように思う。顔を隠せるから、恥ずかしいから、顔を見られるのが面倒だからといった心理が働いていたのだろうか。少なくとも冬場の乾燥対策・風邪予防のためのマスクではなかった。

敏感な年代である高校生にとって、マスクは大人が感じるほど煩わしいものではないのかもしれない。彼らにとって、むしろ現在はマスクを年中着用できることに安心している可能性もあり得る。

この記事を書いた人