名阪国道が出来るまで

「世界は誰かの仕事で出来ている」というTVCMが以前あったが。

こういった企画を現教室で再び実現したいものだ。

さて。
個人的にこういう映像が好きである。(スレッドに全8回を掲載)

今、目の前に見える景色が「当たり前のもの」なのか、それとも「誰かの思考(知識)と労力(行動)の積み上げられた結晶」と見えるのか。

今、学校で、塾で勉強していることのその先に
これらの「実感」が繋がっているか。生きた学問と死んだ学問の、どちら側に自分は今いるか?

この記事を書いた人