当事者になることが最大のテスト対策

私は「定期テスト対策」というものがあまり好きではない。
「定期テスト前集中特訓」といった取り組みを最優先に考えることも、まず無い。

最高のテスト対策は「生徒本人がそのテストに対する当事者になること」であって、「勉強しなさい」とか「何時間塾に来なさい」とか、順序としてそういうことが最優先に来てはならない。

「テストだ、どうしよう」という生徒本人の危機感。失敗したら死んでしまう、くらいの気負いがそもそも前提として存在しないと、テストは成り立たない。本人がその気になっていないのに、テスト勉強は計画が大事だからと「計画表」や「学習の記録」を提出させるのは、管理方法としては致し方ないかもしれないが、そういうことをしていると生徒の心情とテストがどんどん乖離していって、テストそのものの形骸化が進む。

テスト範囲表も、そこに書かれている全ての事柄も、本人の意識次第で「宝の山」に転じるわけだが。そこの意識を1mmでも突く塾でありたいと思うのである。

この記事を書いた人