人生のズレを軌道修正する方法

改めて思うのだが
◎拾うべき回転寿司の皿に気づけるアンテナを磨く
◎ほんのちょっとの勇気を持って、手を出してみる

人生はこの2点に尽きるような気がする。

「神は細部に宿る」という言葉があるが、塾の中でさまざまな人間模様を見ていると、流れの断片から「このパターンは上手くいく」「このパターンは上手くいかない」という読みが私の中で何となく出来るようになっている。

もちろん、何をもって成功とするか、失敗とするかは人それぞれなので私が断定的に「これは成功」「これは成功でない」と区別することは正しくない、ということも理解した上であるが。

私から見て上手くいくパターンは、一時期大変なことがあったとしても、それなりに良い流れのトロッコ列車に乗っていくイメージがある。反対に、ズレが生じているものは「ズレがズレを呼ぶ」でどんどんズレていく印象がある。

では、どうやってズレを軌道修正するか、なのだが。

この記事を書いた人