忘れやすいのは、書かないから

指示されたことを忘れてしまう、自分が予定していた仕事を忘れてしまう。
社会人でも学生でも、忘れやすい人がいる。反面、自分は何でも覚えているのだ、記憶力に自信があるのだ、と覚えることに得意な人もいる。

前者の忘れやすい人というのは、とにかく書かない。メモを取らない。書くという行為を軽視している人である。

私の場合は、自分のスケジュール表に、自分宛てのメールに、思いついたこと、気づいたこと、具体的な仕事の日付と内容を随時書くようにしている。そして書いたものを整理して、頻繁に見るようにしている。繰り返し見ると、覚える。

自分が忘れたくなければ書かなければならないし、相手に忘れさせないためには書かせることである。

この記事を書いた人