タイミングをつかむ人

先週のH・K君の話(塾生専用ページに掲載)。
https://kj-lab.net/limited

彼は早すぎも遅すぎもしない、絶妙なタイミングで現れた。
タイミングをつかむ人は何故、絶妙なタイミングをつかむのか。

西郷隆盛の『西郷南洲翁遺訓』の第38番を読んでみよう。

(1)「世人の唱ふる機会とは、多くは僥倖(ぎょうこう)の仕当てたるを言ふ」

(2)「真の機会は、理を尽して行ひ、勢を審(つまびら)かにして動くと云ふに在り」

意訳すると・・・

(1)「世の中の多くの人は<チャンス>のことを偶然の産物だと思っている」

(2)「本当の<チャンス>とは細部までじっくり思考して、道理をわきまえて行動した上で訪れる、必然の結果である」

勉強の観点でいえば、<宿題を(やらされ感満載ではなく、自分事として)誠実にこなす生徒は運気がよくなる>。

運気といってしまえば、それこそ目に見えない偶然の産物のように思えるが、西郷隆盛のことばに照らし合わせれば、納得いくだろう。

当塾についての詳細な情報はこちらをご覧ください。
個別専門塾 KJ LAB 入塾案内

この記事を書いた人