県立高校入試への心構え

本日で前期選抜の2週間前です。後期選抜(3/1)まで1ヶ月間、勉強し尽くすつもりで机に向かって下さい。2/13-14の前期選抜で合格しましょう。

ただし、前期選抜はVもぎでの志望校判定「S」「A」が合格の目安です。つまり、その高校に対してよほど学力が上回っていなければ合格出来ません。従って、2/13-14の前期選抜が終わったら、気持ちを切り替えて2/15から後期選抜に向かって【全員】更に勉強しましょう。

最もいけないことは前期選抜後、2/20の前期発表まで気持ちが空白になることです。例年、前期選抜のあと発表までの1週間を上の空の何も手につかない状態で過ごす生徒は、大体前期も後期も落ちます。前期の結果が出ていなくても、前期選抜が終わったら後期選抜の受験に向けて、勉強のペースを落とさないことです。ここが最も重要です。

後期選抜はVもぎの「B」「C」判定までが合格圏内に入ります。2/20の前期発表から3/7の後期発表までは、後期受験者にとっては最も精神的に磨かれる期間ですが、よい経験と思って、自分の出来る努力を淡々と続けましょう。

この記事を書いた人

kamiojuku