野村克也名言集

プロ野球楽天イーグルスの元監督野村克也氏(ノムさん)の名言集をまとめたツイッター(@NomuraBOT)から抽出する。

◎全力を尽くしたうえでの失敗から学ぶことは少なくない

◎頭を使って、見ろ、考えろ、備えろ

◎自分を幸福に出来るのは、自分自身以外にない。自分自身が人生の支配者なのだから

◎「失敗」と書いて「せいちょう」と読む

◎人には、当人も知らないような才能や技術が隠されている

◎あと一歩の努力。みんな並の努力はする。あと一歩やるか、あと一回、あと一時間やるかどうかが勝負

◎体力や自分の特徴を考えて、最大限に自分の持ち味を出そうとする。それが、個性

◎うまくいっているときは、周りに人がたくさん集まる。だが、一番大切なのは、どん底のとき、誰がそばにいてくれたかや

◎人間、生き抜く手段はたったひとつ。「頑張る」ということ

◎やることもやらないで、逃げるな。本当に限界かどうかは、打ちのめされた人間しか言ってはいけない言葉

◎私は中途半端な選手が嫌いだ

◎挨拶は、人間らしく生きるための基本の心である。親に挨拶の心がないと、それは必ず子供にも表れる

◎直面した仕事に、どう対処するか。そのことを考え続けることによって、人間は少しずつ向上してゆく

◎自分が他者より優れている部分はどこなのか。それに気付いたらどうやって才能を磨いていけばいいのか、よくわかる

◎「何をすべきなのか」を愚直なまでに追求することが、自己を高める

◎努力に即効性はなし、と心得よ

◎しつけの目的は、自分で自分を支配する人間をつくること

◎人の3倍も4倍も努力して、死に物狂いでチャンスをつかんだ

◎感じる人間が勝ちを制する。感じないことは罪であり、鈍感は人間最大の悪

◎良い仕事をするには、「己を知ること」が大切。そのうえで、さらに相手を圧倒する何かを考えることが大事

◎ほら、考えて。仕事というものは、考えてやるものだよ

◎時間をどう使うかが、勝負の世界で生き抜く一つの手段になる

◎義務感、責任感でやるのはニセモノ。使命感を持ってやるのがホンモノ

https://twitter.com/NomuraBOT

この記事を書いた人

kamiojuku