安くして危うきを忘れず

『易経』の繋辞下伝(けいじかでん)に「安而不忘危(安くして危うきを忘れず)」という孔子の言葉が出てくる。「平和なときに危機を忘れるな」という意味であるが、反対に読むと「危機のときに平和を忘れるな」となる。

だから安穏としたときに油断をしてはいけないし、危ない状況の時にも安らかな気持ちを保つことが大切だ。落ち着いた心境の中に危機意識を共存させ、危機的な心境の中に平穏な意識を共存させる。そこでバランスのとれた、左にも右にも偏らない精神状態を「中庸(ちゅうよう)」と呼ぶ。

この記事を書いた人