英語

中3生の中には英語がだいぶ上達してきた生徒が増えてきた。一時期の低迷期を抜けたな、と感じる生徒が複数いる。宿題の答え合わせにはただ○×をつけるだけではなく、万が一友達同士で解答を融通しあっていないだろうか?と用心深く精査しているが、そういうこともない。それなりの自力での力がついてきている。

どの科目もそうだが、英語も一様に「パターン認識」の科目である。be動詞+ing=現在進行形、のようにワンパターンの公式をバカの一つ覚えのように使いこなしていくだけなのだ。He,She,Itは三単現で動詞にs,esをつける、このような単純なことを繰り返しパズルのように当てはめ続けるだけのことである。

この点のパターン認識の壁を突破した生徒が、1人、2人、3人、と大体入塾して半年以上の生徒だが、私自身この手ごたえがつかめるのが何とも嬉しい。

この記事を書いた人

kamiojuku