発達障害と生きる

キラキラムチュー 〜発達障害と生きる〜(12月3日・NHK総合)

NHKプラスで12/10(土)まで配信中。

◎好きなことを徹底的にしておく
◎診断されたからといって、将来そう困ることは実際には少ない(あって15%程度?)
◎苦手なことを無理に子どもに押し付けない
◎子どもは変な外圧が掛かることで歪(ゆが)む

以上がメモ。
数に執着の強い傾向の小5の男の子が出てきて、日常生活のなかで「10になる遊び」をしているという。

車のナンバープレート「1 4 5」を見たら「1+4+5=10」
電柱に書いてあった数字「3 2 1」を見て、どうすれば「10」になるかを考える。

出てきた答えは「3の2乗プラス1は10」
この子は天才ではないか、と思った。

大人だって誰だって、多かれ少なかれ発達障害を抱えている。程度の違いくらいのもので、みんなマトモでみんなそれぞれどこかがオカシイのだ。
子どもが表現していることは、大人がいつか見た自分の景色だったりする。それを大人自身が自覚できるか否かで、子どもへの接し方も変わってくる。

当塾についての詳細な情報はこちらをご覧ください。
個別専門塾 KJ LAB 入塾案内

この記事を書いた人