硬直化した人間が増えている

教材とか備品とか、塾周辺に関する営業マンと関わっていて思うのだが、その人が担っている領域のピンポイントの部分はそれなりに仕事をするけれども、「上に言われたからこの仕事をしています」的な、いい歳してそういう狭いスタンスの営業マンがとても増えた印象がある。

教材会社の営業マンで言えば、その教材を販売することは考えるけれども、その教材内容や使用する生徒の状況については関心が薄いとか、とても硬直化しているのだ。「お前の会社のことだろう」と、オールマイティで仕事しなければならない個人事業主の私は思ってしまうのだが、これは「志」が薄いこととも関連する。

全体を見た上でバランスを取ろうとか、自分の会社のことだから、とかそういった俯瞰的な視点や意識が希薄で、会社側としては余計なことを考えない人材の方が扱いやすいのだろうが、そんな人間が増えれば増えるほど世の中の劣化が進む。

当塾についての詳細な情報はこちらをご覧ください。
個別専門塾 KJ LAB 入塾案内

この記事を書いた人