映像の世紀~世界は地獄を見た

深夜、TOKYO2020オリンピックの生中継が終わると、
8月15日、終戦の日が近づいていることもありNHK総合テレビが一気に戦争関連の番組に切り替わる。

1995年に製作された「映像の世紀」のデジタルリマスター版が再放送されている。

▼8月3日
 20世紀の幕開け~カメラは歴史の断片をとらえ始めた~
 大量殺戮の完成~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~

▼8月4日
 それはマンハッタンから始まった
 ヒトラーの野望~人々はナチスに未来を託した~

▼8月5日
 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、原爆
 独立の旗の下に アジアは苦難の道を歩んだ

▼8月10日
 勝者の世界分割~東西の冷戦はヤルタ会談から始まった~
 恐怖の中の平和~東西の首脳は核を背負って対峙した~

▼8月11日
 ベトナムの衝撃~アメリカ社会が揺らぎ始めた~
 民族の悲劇果てしなく~絶え間ない戦火 さまよう人々~

▼8月12日
 JAPAN~世界が見た明治・大正・昭和~

塾通信で本番組を紹介するのも、小中学生には時期尚早かもしれない。
近現代史を学べる貴重な教材ではあるが、一定の年齢に達した大人が見て、いろいろと想いを巡らせるだけでよい番組なのかもしれない。

とんでもない映像の連続。
しかし、これらは全て現実であり、その上に私たちの今の生活があることも忘れる訳にはいかない。

この記事を書いた人