一冊にしぼる

学校で教科書をもらい、塾で教材をもらい、それでも不足しているように感じてしまい、お母さんから「書店で問題集を買ってきて勉強しなさい!」と怒られる。ところが、教科の勉強もそうだし資格の勉強もそうだが、最終的に「この本」と決めた一冊の本を徹底的に繰り返し練習する方が効果が高い

だから教科書だ!と思ったら教科書。塾の教材だ!と思ったら塾の教材。という風に、まず一冊にしぼって反復し、それでも練習が足りないと思えるようになったら追加でもう1冊を増やせばよい。そうすることなく、あれもこれもと本の数だけ増やしても、それはコレクションを増やしているだけで実利はない。

この記事を書いた人