成長の実感

複数の生徒をイメージしての話だが、やはり1年以上通塾している生徒の伸び感にすさまじいものを感じている。

行動面でいえば、
返事も適切なタイミングで過不足なくバシッと入れてくるし、細かいことを言えば使用後の机もきれいになる。(未完成の段階では机に生徒の手脂が模様のように残る)

勉強面でいえば、
宿題の手抜かりもなくなり、仕事の正確さとスピード感が増す。言葉の通り「誠心誠意」勉強に向き合う姿勢が出来ている。

中高一貫の学校に通う生徒は高校受験がなく、模試の多頻度受験に至らないため偏差値を出す機会が少なく、学力推移が視覚化されにくいが、今後学校の実力テストなどで「なるほどね」という結果を叩き出してくることだろう。

「石の上にも三年」という言葉があるが、積み重ねは必ず実る。それを改めて実感している。

この記事を書いた人