夢実現のための十則


■夢を持て。ない夢はかなわぬ。目標なく一生懸命やることに酔うな。

■やることを与えられるな。自分のために創り出し、形にして期限を決めよ。

■他人と関われ。他人を確認しようとしろ。他人に理解される努力をしろ。

■挨拶をせよ。人に気付き、人に気付いてもらえる。

■毎日他人に奉仕しろ。心がきれいなら他人も応援してくれる。

■話を聞く姿勢を作れ。聞く人には教えたくなる。助けたくなる。

■書け。何度でも書き直せ。書かないことは考えていないこと。

■自分と戦え。自分は見ている。人と戦うな。気にするな。自分が変われ。

■大事なことは最初にやれ。優先順位を考えろ。タイミングを逃すな。

■成功を繰返し、失敗を繰返さぬよう分析しろ。原因を五回さかのぼれ。

これは先週訪問した、芝浦工業大学柏中学・高校の「夢実現のための十則」。

「本校は徳目をうたっていないことに価値を置いている」、と菅沢校長はおっしゃっていたが、いやいやいや、これは立派な徳育。すごいです。

塾通信は現在生徒向けには配信していないが、親から子へメールを転送したりプリントアウトしたりして、是非とも読ませて欲しいと思う。とくにそう思わせる十則だ。

この記事を書いた人

kamiojuku