京華商業高校(文京区)

都営地下鉄三田線の白山駅A1出口を右に出て、京華通りを抜けて白山通りへ。駅から歩いて4分ほどで京華学園にたどり着く。男子校の京華中学・高校と同じキャンパス内にあるのが京華商業高校だ。ちなみに白山通りを2分ほど歩いた先には京華女子中学・高校がある。系列校については過去記事で紹介済み。

本校は都内で唯一の「私立・共学・商業」高校。都内には商業科設置高校が16校あるが、本校の商業系資格の取得率は16校中第2位となっている。1年次は共通科目を履修し、2年次からは「大学進学」「情報処理」「ビジネス」の各コースに分かれる。

今春の卒業生の進路先としては大学進学が52%、専門学校が31%、就職が10%、その他が3%。

大学進学の方は推薦・AOを中心として、指定校推薦枠は卒業生185名に対して390名分が用意されている。今春の結果を見ると、大学進学者のうち50%がAO入試、27%が指定校推薦、21%が公募推薦、5%が自己推薦となっている。

大学へは「情報処理」「ビジネス」コースでも進学可能だが、「大学進学」コースの方が数学・英語・国語の主要教科に力を入れた時間割となっているため、「大学進学」コースの生徒を優先して指定校推薦を利用させている。

就職は希望者に対して100%の就職率。1度で受かるわけではないが、2度目3度目での採用決定が多い。学校としても即戦力となる人材づくりを心掛ける。

授業は週6日制で、生活指導もしっかりと行っている。充実した学校生活と、出口の安定感。この点の魅力で本校教諭の先生が自らの娘さんを本校に入学させたという話も伺った。このような話は、学校の信頼度を計る上で聞き逃せない情報である。

この記事を書いた人

kamiojuku