数学が苦手な人へ

「数学」が苦手だ、という人がいる。
そういう人は、数学を「頭の中で考えて答えを出す」ものだと思い込んでいる場合が多い。数学が出来ない人ほど途中式が書けていない。しかし、数学の実体は「情報処理」である。一つひとつ流れを追って途中式や図表を丁寧に書き込み、それを眺めながら次にどういう一手を出すかを考える。頭で考えるのではなくて、紙の上で考えるという言葉が相応しいと思う。大きな紙を使って、大きな字で図や式を書いてみるといい。字の細か過ぎるのも、自分で何を書いているか分からなくなるから数学に向かない。とにかく大きく書くこと。それでも字が小さくなってしまうのであれば、1cm方眼のノートを使い、一数字一マスを意識して書き続ければ文字の小ささは改善される。

あと、何よりも大事なのは小学校レベルの計算力である。だから私は小学生の授業ではくもん式のドリルを多用する。整数・分数・小数の加減乗除が使いこなせるまで、徹底的に練習することだ。これを子供にさせるのは親の「義務」と思う。計算力のトレーニングは何よりも優先されたい。

この記事を書いた人

kamiojuku