大人の焦りは子どもに伝わる

親子関係でありがちなことだが
つい大人が焦ってしまうのだ。

大人が焦ると、その焦りは確実に子どもに伝わる

これは学習塾でもそうで、
私が迅速なレスポンスを生徒に求めると

それに対応できる生徒はよいが
対応の苦手な生徒はたちまち「空振り」が始まる。

出来るはずのことが出来なくなる原因はここにある。

「早く答えを出せ」ではなく
それぞれ異なる子どものスピードに寄り添わなければならない。

◎声のトーンを落とす。
◎話すスピードを抑える。
◎言葉と言葉のあいだにふわりとした間を取る。

まずは大人自身が肩の力を抜くこと
深呼吸をすること。

これは綺麗ごとではなく
子どもの力を引き出すための大事な方法なのだ。

当塾についての詳細な情報はこちらをご覧ください。
個別専門塾 KJ LAB 入塾案内

この記事を書いた人