『暴走族』安藤忠雄79歳

大学院1年の時に、建築学科の仲間と初めて関西を訪れた。
東京→新神戸→淡路島→三ノ宮→京都→祇園→宇治→奈良→天王寺→梅田→なんば→関空→羽田空港
主にこんなルートで3泊4日。

目的は関西の建築巡りということで、例えば
◎芦屋にある「旧山邑邸」(ヨドコウ迎賓館、フランク・ロイド・ライト)
◎「六甲の集合住宅」(安藤忠雄)
◎「淡路夢舞台」(安藤忠雄)
◎三条河原町の高瀬川沿いにある「TIME’S」(安藤忠雄)
◎八戸ノ里から徒歩、「司馬遼太郎記念館」(安藤忠雄)
◎「OXY鰻谷」など心斎橋界隈の商業建築(安藤忠雄)

という風に、安藤忠雄を追いかける旅だった気がする。

「1ミリの違いにこだわるかどうか、それが一流と二流の違いやね」

ということで、Yahoo!JAPANの最新インタビュー。

この記事を書いた人