年賀状

以下は塾にいただいた年賀状と一切無関係の話題になるが、

このお正月、私の家族宛てに届いた年賀状で、1年以上前に既に亡くなっている母の名前が連名で宛て名に印字されている年賀状が複数枚届いた。どれも、パソコンでダイレクト印刷されたものである。パソコン任せにしていると、結果的にそういった血も涙も無い葉書を送りつけることにもなるのだ。他山の石として、私自身気をつけねばと思った。

さて、宛先面も通信面もパソコンで印刷されただけの年賀状も、大人同士のやり取りになると少なくない。私は今年から、そういった手書きが一言もない葉書はもう返すのは止めようと心に決めた。表も裏も印刷だったら、それはただのダイレクトメール(DM)ではないか。(もちろん、相手の事情にもよるが)

業者からのあいさつ状だったらいざ知らず、個人間のやり取りで印刷だけというのは空しすぎる。時間がかかっても、何か一言を添えよう。これも他山の石として、このお正月に強く思ったことだ。

この記事を書いた人

kamiojuku