大切なことは一つだけ

大切なことは一つだけ、「今、目の前にある課題を、丁寧に、誠実に仕上げる」。いつでもどんな場面でも、この言葉に尽きる。社会人であっても、これに代わる真理は無いだろう。

もちろん、将来の目標、3年後の目標、受験の目標、と目標を持つに越したことはない。目標があればそれが自分の原動力になるから。しかし、必ずしも誰もが目標を明確に持っているわけでもないだろう。そこで、だ。目標が無ければ、目の前にある課題を仕上げること。これこそが最短距離の目標だ。

とにかく「誠実に、丁寧に」。これしか自身を成長させる道は無い。

この記事を書いた人

kamiojuku