I・Sさん(小6)のお母さま

I・Sさんは鎌ヶ谷市内の公立小学校に通う6年生で、2012年12月入塾。かねてからの第一志望の私立中学校を今春受験し、合格した。併願校にも合格。(合格校、成績推移は塾ホームページ「生徒の実例」に掲載)

このたびは先生のお力をいただいたことで第一志望の学校に合格することができました。本当にありがとうございます。自宅学習だけでは到底達成できなかったものと思います。感謝の気持ちで一杯です。

感じていることを率直に申し上げさせていただきますと、あっという間の1年間だったという気持ちでおります。途中、首都圏模試の結果に一喜一憂したりもしておりましたが、私も娘もとにかく必死でした。無事合格した今となっては楽しい思い出です。

今ここに至りまして、入塾させていただいた1年前の状況を思い起しています。その頃は算数が大の苦手で、繰り上がり・繰り下がりのある足し算・引き算ができず、机に向かってもただ時間が過ぎるだけという状態でした。もうじき6年生になるというのに足し算・引き算で指を折っているくらいですから、他の科目も含めて、当然、学校の授業は全く理解できていませんでした。友達が塾に行くのを見て塾に通うようになりました(神尾注:新鎌ヶ谷駅前の大手進学塾)が、基礎が全くできていない状態でしたので大手進学塾の決まった型で進められる授業にはついていくことができず、親としてどうしてあげたらよいのか途方に暮れておりました。そのような中、神尾塾の生徒募集の広告を拝見し、またホームページも拝見し、大変熱心な指導の様子が伝わってまいりましたので、お話を伺いにあがったのが入塾のきっかけでした。

まず驚いたのは授業時間でした。分かるまで教えると宣伝している塾は多くありますが、神尾塾での取り組みが本当の分かるまでであると感じました。なかなか授業終了の電話がかかってこず、食事、就寝の時間がそれまでと比べて随分と遅くなったため当初は心配していましたが、学習の進捗を木目細かく連絡いただき、また娘が徐々に学習を理解している様子を見て、安心してお任せすることができるようになってまいりました。娘も当初はかなり苦労していましたが、神尾先生の真剣が伝わってきたのだと思います。眠たそうな顔をしている時も多々ありましたが、塾に行きたくないと言い出すこともなく頑張り通すことができました。また、塾と水泳の両立ということで授業予定の組立でも御面倒をおかけいたしました。これについても大手進学塾では考えられないほど柔軟に対応いただきありがとうございました。分からないことを分からないと言えない、実のところは何が分かっていないのか分からないという状況でしたので、個別にじっくりと腰を据えて教えていただける神尾塾の環境は娘にとても合っていたのだと思います。

受験直前の気の緩みに対しても的確に箴言(神尾注:しんげん)をいただき、受験日当日に向けて巻き返しを図ることができました。中学受験をしたことがない親にとって、経験に裏打ちされたご助言は大変にありがたいものでございました。

改めて振り返りますと、1年生から5年生まで勉強してこなかった分をこの1年間で全て取り戻していただいたように感じています。小学校の6年間で勉強する量が決まっているのであれば、1年生からしっかりと勉強するようにしてあげるのが親の責任ですが、それをきちんとせずに良い言い方をすれば自由奔放に、悪い言い方をすれば勉強という苦労、我慢をさせずに育ててしまった親の責任は大変大きかったと反省しております。幸いにも私たちは神尾先生にご教授いただく機会に恵まれました。まだまだ心もとない限りですが、学習の習慣と僅かばかりの自信も付いたようですので、1歩1歩着実に進めるよう親子で取り組んでいきたいと考えております。今後もご教授いただく機会がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。

2014年1月26日 I

(千葉県鎌ケ谷市立五本松小学校→千葉日本大学第一中学校・合格)

この記事を書いた人

kamiojuku