考えさせ屋

答えを教えるのであれば、解答を見ればよい。講義を見せるのであれば、別にスタディサプリでもYouTubeでも構わない。

生徒がわざわざ足を運んで塾にやってくる、その価値は何か。
それは「考える機会」に満たされるためだろう。だから少なくとも当塾は「気づかせ屋」であり「考えさせ屋」である。

何もない真っさらな地上にビジネスを興すのが起業家だとしたら、日常の何気ない出来事に杭を立てて、考えるための障害物を設置していくのが当塾の仕事である。

この記事を書いた人