速読法

本を読むときも、「今の自分にとって、この部分は意味があるかどうか」ということを考えながら読むと、速く読むことができる。全ての行に対して、同じ速度で目で文字を追いかけるのは、ただ「見る」という無思考の作業になってしまって、考えながら「読む」行為になっていない。

「この部分は、今は自分にとって価値は多くないな」と思えば、ページの右上から左下に向かって斜めに目を動かす。「おっ、何か引っかかるぞ」と感じるところに出会えれば、その一行一行をじっくりと読む。

読書も「考え」ながら読むべきだ。合理的な思考というのは、ただ漫然と時間を過ごすのではなく、いちいち「どうなんだ?それってどうなんだ?」と考えることである。

この記事を書いた人