教育の結果は社会に出て差がつく

先日、とあるきっかけで某経営セミナーの受付をお手伝いすることになった。
経営者から銀行といったキャリアのある方々が主に参加されたのだが、年配の方および女性の方はスマートに、無礼でなくかつ自然な形で名刺を渡してくれる。ところが20代から30代前半とおぼしき男性、巷で言われるところの「ゆとり」世代は先ほどの某N高校ではないが真横を向いて、片手でゴミを捨てるように名刺を突き付けてくる。地図に用いたシワくちゃの案内パンフレットを受付台に放置していく者もいる。

それを見ながら私は「なるほどなー」と、しみじみ、学生時分に受けた教育が何であったか、がこういう形で無意識のうちに出てしまうんだよなーと興味深く思った。学生時代に立ち居振る舞いの指導を受けているかいないかで、社会人になってから決定的に差がつくように思う。

この記事を書いた人