指導のめやす

小学生(中学受験)

「基礎学力づくり→6年生までの速習→受験勉強」の3ステップで進めます。基礎学力づくりでは「国語読解」「漢字」「整数・小数・分数の四則混合計算」の<読み・書き・計算>を定着させた後に、6年生までの新出単元を速習。受験勉強段階で「必要単元の習得」「模試・過去問」の連動で実戦力をつけます。

【回数の目安】小4まで60分×月8回、小5・6で80分×月12回+春夏冬増設各12回

小学生(非受験)

「読解」「漢字」「計算」の<読み・書き・計算>の3点セットを習得。その上で「学校の準拠教材」を取り込みます。合間に社会科の基本用語、パズル教材を行うことでマンネリを防ぎ、集中力を高めます。

【回数の目安】60分×月6~8回+春夏冬増設各4回

小学生・中学生(私立生サポート)

内部進学と中間・期末テスト対策に照準を合わせます。状況に応じて「さかのぼり学習」だけでなく「先取り学習」をする場合もあります。

【回数の目安】80分×月8回+春夏冬増設各4~8回

中学生

数学・英語はピラミッドのように強い土台のうえに積み上げていく教科です。理科・社会は縦割り型教科のため、極端なことを言えば「苦手なところだけ補えば取り返しがつく」教科です。このように、教科によって取り組み方が全く異なります。

【回数の目安】80分×月8~12回+春夏冬増設各8回程度

中学生の数学

入塾時は数学・英語のさかのぼり学習から入るパターンがほとんどです。数学が苦手な生徒は小学校の計算に戻ることもあります。ただし、戻り過ぎてダラダラと時間をかけるのも好ましくないので、進捗は塾にお任せください。中学の単元では「正負の数」から「2次方程式」までの計算単元を最優先に、そこに「関数」「角度」「図形」を肉付けします。当塾で数学の苦手を脱出する生徒が多いのは、このさかのぼり学習の手順がうまくいっているということです。

中学生の英語

英語は中学文法の初歩まで戻るパターンが多いです。英検3級を取得している生徒でも、基礎があやふやで、何となく勘だけで乗り切っている例は少なくありません(特に女子生徒)。長文読解も英作文も「強い文法力」が土台です。三歩進んで二歩下がる、の反復学習をしながら、記憶の引き出し力を強固にして、高度な文法力を身につけます。

中学生の国語

現代文は、当塾では扱う頻度は少ないです。なぜならば、国語に力を入れるべきは小学生だからです。中学生では英語に時間を掛けます。数学・英語に一定の進捗が見られる生徒は春・夏・冬休みに国語を扱うこともあります。中3では模試対策を中心に国語(現代文・古文・漢文)もしっかり扱います。作文は臨時の「作文講座」で表現力を磨きます。

※国語のできる生徒は他教科もでき、国語の弱い生徒は他教科も伸び悩みます。つまり、小学段階での国語力の育成が非常に大切だということです。

中学生の理科・社会

数学・英語に一定の達成が見えた生徒から順次導入します。まずは基本的な用語・パターン問題を習得し、模試で実戦力をつけます。

中学生の模試

五ツ木or大阪進研の模試は中3で基本的に毎月受験していただきます。そこで様々なパターンの問題をこなし、実戦力を身につけます。当塾の生徒が成績を伸ばしやすい秘訣は「基礎的な学習」と「模試の実戦練習」を双璧にしているためです。

定期テスト(中間・期末)について

「定期テストのために勉強をする」のではなく、「身につけるべき学力を身につけて、その結果定期テストを受ける」が正統の流れです。したがって当塾では、テスト前に塾内で何時間も缶詰になるようなテスト対策は行っていません。テストに関わらず、普段の通塾を大切にして、その上でテスト勉強をきちんとして結果を出す姿勢を学ばせています。

高校生(数学専門)

中学部からの継続通塾が基本になりますが、高校からの入塾をお受けする場合もあります。ただし、最も頭の柔らかい時期は中学生までで、高校生になると頭が固まり始めるため、高校生になって初めて通塾して「さかのぼり学習」を行うのは無理が多いです。苦手は中学生のうちに潰しておくべきです。

高校生は学校の進度に完全準拠します。一定の成績が確保できる生徒は先取り学習で学校よりも進んで新出単元を学びます。この流れでテスト前に反復時間がたっぷり確保できるため高得点が取れます。

【回数の目安】80分×月4回+春夏冬増設各4回

KJ LABにはホームページが2つあります。
◎入塾案内(特設サイト) https://kj-lab.info
◎BLOG(当サイト) https://kj-lab.net